前へ
次へ

不動産買取でリースバックを選択するデメリット

不動産買取でリースバックを利用する際、デメリットもあります。
まず賃料が高い場合があるところです。
リースバックの賃料は売却の値段の10%位が相場です。
仮に3000万円で譲渡した場合、家賃は30万円ぐらいとなります。
高い金額で売りたいけれどもそうなったら毎月の賃料が高くなります。
そうかと言って月毎の賃料を減らしたいのであれば、譲渡代金が安価になるというシステムです。
それから良くある売却と比較した場合、売却価格が安価な割合が高いです。
住み続けられる利点はあるのですが、数百万円レベルの隔たりが生じることもあり、現実的に活用するべきなのかを検討する必要があります。
さらに後に買い戻したい場合、譲渡したときよりも高くなる確率が高いです。
売却時には2000万円で買い戻すときには 3000万円になっているという事例もありえます。
いつの日か買い戻したいならば、この部分についてもきちんと押さえておかなければなりません。

Page Top